2020年「小寒」のこと

2020年1月6日は、二十四節気の「小寒」。今年の抱負は、「四季を感じて、丁寧に暮らす」ということで、子どもにも小寒の意味を話して聞かせ、この日のうちに翌朝いただくため七草粥のお支度も整えました。

「小寒」とは

小寒とは、二十四節気のひとつ。冬至と大寒の間にあたります。

別名「寒の入り」とも呼ばれます。小寒から節分までを「寒の内」といって、一年で最も寒が厳しい時期に入るためです。

この日から、寒中見舞いを出します。喪中で新年のご挨拶がまだのかたなどに、お便りを出します。

「これからが一番寒いんだよね」

私の今年の抱負は、「四季を感じて、丁寧に暮らす」。

子どもや夫とも四季の移ろいを楽しみたく、子どもにも「小寒」の意味を教えてあげました。

夜ご飯のとき、「今日からいちばん寒いんだよね」と、思い出したように話してくれて、子どもは何でも教えてあげたら吸収するんだなあと驚きました。

次の「大寒」は、なんと教えてあげようか。