2020年「立春」のこと

2020年2月3日は、二十四節気の「立春」。「四季を感じて、丁寧に暮らす」という今年の目標を、かろうじて死守すべく、虎屋の蒸し羊羹をいただきました。

「立春」とは

立春とは、二十四節気のひとつ。大寒と雨水の間にあたります。

春を表す節気のうち、一番最初なので、この日から「暦の上では春」とよく言ったりしますね。

この日を起算日(第1日目)として、88日目が俗にいう「八十八夜」。新茶摘みに適した時期となります。

お茶の木を育てる部活動に参加していることもあり、いまからとても楽しみです。

「雪紅梅」

私の今年の抱負は、「四季を感じて、丁寧に暮らす」。

取材続きで忙しいこともあり、四季を感じられるようなお出かけはできていませんが、虎屋の季節の蒸し羊羹を購入してみました。

銘は「雪紅梅」

ほかの草木に先駆けて花をつけることから、「花の兄」とも呼ばれる梅は、春の訪れを匂わせますが、その紅梅にうっすらと雪がかかった様を表しているそう。

銘の由来を家族とも共有して、ゆったりとしたひと時を満喫しました。